FF14、LV50皇都イシュガルド防衛戦~攻略メモ

4月 7, 2020

カノン砲とバリスタを上手く使って、素早く倒したい。
死ぬ要素としては、範囲に巻き込まれることくらいなので、予兆攻撃はしっかり避けます。
自分用にまとめました。

カノン砲を上手く利用する

歩いてくる龍の身体の下に潜って、ひたすら攻撃していきます。

MTはボスの敵視を、雑魚敵はSTが集めて倒します。
足元は踏まれてダメージを受けるので、戦闘場所に注意します。

通路の両側にカノン砲が設置されているので、できればDPSにやってもらいたい。
DPSが動かなければ、ヒーラーが撃ちます。

ホットバーに出てくるので、龍に向かって撃ちます。

予兆攻撃を食らうと痛いので、発動前には逃げます。
一定間隔でカノン砲が置いてあるので、積極的に利用してダメージを与えていきます。
DPSの攻撃よりは強いです。

バリスタを上手く利用する

上まで登れる塔があるので、DPSの誰かが登って、バリスタ待機します。

龍が近づいてくるまで待機します。

この辺りにきたら、バリスタを起動。

カノン砲とバリスタを利用すれば、早く倒せるので積極的に利用します。
以下、繰り返し。